不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

ヒツジが、日本ではなくアメリカの株式を買う理由

こんにちは皆さん、ヒツジです。

私は投資信託と株式を中心に投資をしています。

購入する株式は米国のみで、日本の株式は購入しておりません。

今回はそのことについて書いていきます。

 

なぜ日本の株式を買わず、米国の株式を買うのか?

理由は3つあります。

①「米国株式の方が儲かる」

②「日本は今後衰退するが、米国は成長し続ける」

③「日本で生活するので、資産は米国に預け、分散投資したい」

以下、順番に書いていきます。

 

①「米国株式の方が儲かる」

日本経済は、バブル崩壊以降、ずっと悪くなり続けています。

ちょっと前は、「アベノミクスで株価が上がった」 という話もありました。

しかし、その株価だって、バブルの時には及びません。

5年スパンで見れば上がっているように見える株価も、30年スパンで見ると、確実に下がっています。

しかも、これからの日本で景気が良くなるような未来が見えません。

株価は今後も下がり続けていくと思います。

 

もちろん、株価が上がる企業や利益を増やす企業も存在するはずです。

しかし国家全体で見たとき、利益を上げ続ける企業の数は、米国の方が圧倒的に多いはずです。

そのため、株主の視点で見たとき、米国市場の方に軍配が上がります。

日本よりも米国の方が勝てるチャンスが多い。

そう考えたので、米国株式に投資しています。

 

②「日本は今後衰退するが、米国は成長し続ける」

私は日本生まれ日本育ち、生粋の日本人です。

日本という国が大好きで、この国のことも、自分の地元のことも愛しています。

この国が良くなることを本気で願っています。

でも現状を見る限り、今後この国が良くなる未来は見えません。

 

 日本で起きている様々な問題の根本原因は、少子高齢化です。

この問題をなんとかしない限り、日本の社会も経済も良くなることはありません。

しかし、少子高齢化問題が解決される兆しは全くありません。

政府も自治体も、有効的な対策を行えておらず、事態の悪化を傍観するだけです。

仮に、今から生まれる子供の数が増えても、もはや手遅れです。

なぜなら、

ベビーブームが起きたところで、その子供たちが税金を納める年齢になるには20年以上かかります。この20年をどうやって乗り切りますか?

また、総人口に占める65歳以上の割合は
約28%(2018年)です。人数で表すと、約3500万人となります。ベビーブームで子供が150万〜200万人生まれたところで、その10倍以上の高齢者がいます。そしてこの割合は今後も増え続けます。
う〜ん、ベビーブームを5回くらい起こさないと、たぶん無理なんじゃないかな?

 

③「日本で生活するので、資産は米国に預け、分散投資したい」

 私は、

日本人で、

日本国籍で、

日本で生活し、

日本語を話し、

日本の企業で働き、

日本円で給料を貰っています。

現時点で、人生のすべてを日本という国にベットしています。

この上金融資産まで日本にベットするのは、あまりにリスキーです。日本経済が崩壊したら、私の生活も同時に崩壊します。

 

投資の大原則は、

「卵は一つのカゴにもるな」

です。

一つのカゴにもった場合、そのカゴが落ちれば、すべての卵が割れてしまいます。
でも2つ以上のカゴに分散すれば、一つがダメでも、他は無事です。

この大原則を守るなら、投資先は日本以外にすべきです。

私はアメリカにしました。

 

まとめ

私が日本の株式を買わず、米国の株式を買う理由を書いきました。

①「米国株式の方が儲かるから」

②「日本は今後衰退するが、米国は成長し続ける」

③「日本で生活するので、資産は米国に預け、分散投資したい」

この3つの観点から、

私は今後も米国市場に投資を続けます。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!