不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

株式の成績(2020年7月)

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、2020年7月度の株式の成績を書いていきます。

 

内容は、保有株数、評価損益(%)となっております。

取得単価や現在単価を含めないのは、

変動が激しいことと「ヒツジの購入株式」で書いているからです。

 

それでは、以下の表をご覧ください。

銘柄

保有株数

評価損益(%)

コカ・コーラ

(KO)

3

ー6.86

マクドナルド

(MCD)

1

18.56

ジョンソンエンドジョンソン

(JNJ)

1

12.3

スリーエム

(MMM)

1

ー5.02

メルク

(MRK)

1

3.27

プロクター・アンド・ギャンブル

(P&G)

1

17.63

ウォルマート

(WMT)

1

16.78

IBM

1

21.61

マイクロソフト

(MSFT)

1

47.44

シスコシステムズ

(CSCO)

1

38.69

AT&T

(T)

1

ー5.28

ベライゾン・コミュニケーションズ

(VZ)

1

ー4.33

エクソンモービル

(XOM)

1

ー12.24

フィリップモリス

(PM)

1

0.69

アルトリア・グループ

(MO)

1

11.44

全体

10.42

 

以上のように、

全体としては10.42%の利益が出ております。 

 

私の投資戦略は、

長期的に保有して配当をもらい続けるものなので、あまり株価とかは関係ありません。

でも、こうしてプラスになっているのを見ると、なんだか落ち着きます。

生きる希望も湧いてくるというものです。

ちなみに、マイナスになったら見なかったことにしています。

 

個別銘柄で見ると、

マイクロソフトIBMシスコシステムズの伸長が大きいです。

在宅勤務とかリモートワークとかで、IT銘柄は伸びてますね。

 

一方で、

コカ・コーラベライゾンエクソン・モービルは、下がってますね。

コロナの影響が大きそうな業種ですし、これは仕方ない。

 

それでもコカ・コーラは一時期、マイナス20%とかマイナス30%とかになっていたので、そこから見たらだいぶ持ち直しています。

結局バーゲンセール期間でしかなかった、ということですね。

狼狽売りしなくてよかった。

 

この「株式の成績(〜年〜月)」という記事は、毎月1本のペースで上げていくつもりです。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!