不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

つみたてNisaの成績(2020年8月・24ヶ月目)

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、私のつみたてNisaの成績について書いていきます。

私は、4つの投資信託を、毎日400円ずつ買い続けています。

楽天証券で毎日つみたて設定をすれば、自動で購入できます。

 

以下の表をご覧ください。

2020年8月の結果です。

ちなみに、つみたてNisaを始めて24ヶ月目です。

 

 

評価損益(率)

楽天・全世界インデックス・ファンド

10.78%

楽天・全米株式インデックス・ファンド

14.73%

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

10.72%

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

12.60%

全体

12.32%

 

 4つとも、評価損益が10%を超えています。

米国株式の2つについては、14%と12%という、なかなか驚異の数字です。

「インデックスファンドの長期積立」の強さが表れていますね。

 

コロナショックとかありましたが、結局株価も回復しましたし、大きなダメージにはなりませんでした。

 

また、2018年と2019年にも暴落がありまして、その時も愚直に積立を続けていました。その時に安く買えたため、多少株価が下がっても、評価損益はプラスを維持できています。

 

この2年間で得た教訓は、

「暴落は投資の絶好の機会である」

ということです。

 

暴落してくれれば株式も投資信託も安く買えますからね。

そして結局株価は元に戻ります。

逆に、たまに暴落が起きてくれないと、入金力の弱い私は困ってしまいます。

「結局株価は戻るんだから、暴落はウェルカム!」くらいの精神で投資しています。

 

やっぱり「インデックスファンドの長期積立」が安定して強いということですね。

安心して投資できます。

「投資を何から始めていいかわからない」「損をしたくない」という方は、とりあえず「つみたてNisaの口座を作って、インデックスの投資信託を買い続ける」ことをやってみてはどうでしょうか。

速攻でお金持ちになることはできませんが、入門者には非常に適していると思います。

そこで色々と経験や知識を積んで、私みたいに個別株をチマチマと積み立てる段階に移ります。

 

たぶん来年も暴落は起きるでしょう。その翌年も、またその翌年も。

暴落はチャンスです。

愚直にインデックスファンドへの積立を続けます。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!