不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

「節約」と「投資」が重要であることを再確認した話

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、消費活動を徹底的に控えた方が良い、という記事を書きます。

 

 なんでこんな記事を書くのかというと、

つい先日、職場の30代後半の上司に言われた内容が理由です。

 

その上司曰く、「若い頃は貯金なんかせず、旅行とか買い物とか、金をどんどん使って、いろんな経験をした方がいい」らしいです。

また、「貯金なんて必要ができてからすればいいんだ」とも言ってました。

 

私は、この上司の発言とは逆のことをしています。

若い頃から貯金をして、お金を投資に注いでいます。

必要に迫られる前に資産を築こうとしています。

 

最初、この上司の言葉を聞いた時、「このおっさんは何を言ってんだ?」と思いました。

どう考えても、現状とはかけ離れた意見です。

今の日本社会は、低賃金と長時間労働で、税金も保険料も重いです。そしてこれから先もどんどん深刻化していきます。

旅行とか買い物とか以前に、日々の生活費で手一杯で、貯金すらできない若者もいます。

にも関わらず、この上司の発言です。全く現実が見えていません。まあ、普段からそういうことをドヤ顔で言う人なんですが。

 

更にこの上司は、今の若者がお金を使っていないことをとても批判していました。続けて、「俺の若い頃は」とか言ってました。

なんかテンプレートな発言すぎて、笑っちゃいそうになりました。

私の苦笑をどう勘違いしたのか、上司は機嫌よく、その後10分くらい持論を語り続けました。

他の上司も混ざって、その意見に賛同し、今の若者を批判していました。(いや、あのですねえ、目の前にその若者がいるんですが)

 

私は、普段から他の投資家さんたちのブログや、ニュースサイトのコメントとか読んでいます。

みなさん、とても鋭い指摘や意見を持っていて、非常に参考になっています。

他の投資家さんたちのブログを読んでいると、この上司の発言が間違っていることがわかります。

でも、世間的には、この上司の考えの方が多数派なんですよね。

私、そのことをすっかり忘れていました。

 

投資家さんたちが重要だと繰り返し言っていることは「支出を減らし、所得を増やし、資産を増やせ」です。

普段からその発言を聞いて、自分も実践していることで、こちらの方が世間の当たり前になっていると、勝手に勘違いしていました。

 

しかし、世間の多数派は違うんです。投資家さんたちとは真逆のことを考えているんです。

私がショックを受けたのは、自分の常識だと思っていたことが、実は全然常識ではなかったからです。

おそらくあの上司たちに、私が投資をしていることを話したら、蛇蝎のごとく嫌われると思います。なので、投資をしていることは職場には秘密です。

 

改めて、「支出を減らし、所得を増やし、資産を増やす」ことの重要性を再認識し、実践します。

私が参考にするのは、「資産運用をしている投資家さん達の意見」と「金持ち父さん貧乏父さん(著:ロバート・キヨサキ)」です。

節約して、投資にガンガンお金を使っていきます。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!