不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

収入の50%が税金で搾取されている話

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、毎月の収入の50%以上が、税金として取られているかもしれない、という話です。

なお、これから行う計算はとても大雑把なものです。控除額とか免除とかを考慮してません。

しかし、大筋においては大体あってると思います。

 

結論ですが、我々一般人は、収入の半分以上を税金として取られています。

まず、住民税と所得税があります。基礎控除という、税制をややこしくしている制度がありますが、一旦無視します。

この住民税と所得税は、収入の20.315%となっております。

はい、そうです。ここですでに2割取られています。

 

次に、社会保険料があります。これは、40歳以上となり、介護保険に入っているか否かで、税額が変わってきます。

社会保険料の負担は、収入の10%〜15%といったところでしょうか。

ここでは、15%と考えていきます。

 

さて、ここまでで、既に収入の35%が税金として消えています。

ここから更に搾り取られます。

 

消費税の税額は10%です。

可処分所得の全てを消費するわけではないですが、貯金もいずれは消費に回します。

なので、収入の10%と考えます。

 

そして、細々とした税金が並びます。

タバコを吸う人はタバコ税。

酒を飲む人は酒税。

温泉に入る人は入湯税

自動車を持つ人は自動車税

不動産を持つ人は固定資産税。

他にもたくさんあります。

 

まとめに入ります。

まず、所得税と住民税で20%、

次に、社会保険料で15%、

消費税で10%、

ここまでで合計45%です。

ここにその他の税金が合わされば、余裕で50%を超えるでしょう。

 

確かに、様々な控除や免税、減税などがあります。この記事において、私はそれを考慮に入れてません。正確な計算方法ではありません。

しかし、すっごい単純な計算方法をすると、日本の税負担は50%を超えるということは間違いないです。

これ労働者のやる気をとてつもなく削ぎ落としませんかね?

だって、1年の半分以上、税金のために働いているんですよ。

自分のためでも、家族のためでもなく、税金のために半年も費やしているんですよ。

半年、政府のために働いて、そこからやっと自分の収入となります。

 

今の日本は、江戸時代の五公五民と同じ状態です。

毎日、生きていくだけで精一杯です。そういう収入で生活させられています。

生きているのか、生かされているのか、分からなくなってきました。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!