不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

【歴史】大暴落は10年サイクルでやって来る

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、株式の大暴落の歴史を書きます。

 

2020年、つまり今年、コロナショックで株価が一気に落ちました。

急降下と言っていい勢いで落ちました。

「この下落は今までと違う!」

「資本主義の終わり!」

とか言ってた人がいましたが、割とすぐに株価は戻りました。

まあ、実体経済へのダメージがどれほどになるか、もう少し様子をみないとわかりませんが。

 

こうした大暴落は、歴史上何度も起きてきました。

特に被害が大きかった例をあげると、

1987年「ブラックマンデー

1997年「アジア通貨危機

2008年「リーマンショック」 

2020年「コロナショック」

があります。

他にも、中規模な暴落は4、5年サイクルで起きています。

小さな暴落は毎年起きています。

 

結論、歴史は形を変えて繰り返します。

きっと2030年ごろにも大暴落が控えています。

それまでは、中規模と小規模な暴落を繰り返していくと思います。

そして暴落のたびに株価は復活します。

 

10年後、私がまだ市場で生き残り、再びこの記事を見たとします。

「20代前半の俺、お前は当たっていたよ」

と言えるようでありたいです。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!