不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

【自己満足】タバコを吸わないのにタバコ銘柄を買う理由

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、タバコを吸わない私が、それでもタバコ銘柄を買う理由を書きます。

 

私は、フィリップ・モリスとアルトリア・グループという、2つのタバコ銘柄を保有しています。

ところで、

私の投資原則は、「自分が理解できるものに投資をする」です。

この原則に従うなら、タバコ銘柄に投資なんかしないはずです。

しかし、それでも投資する理由があります。

 

その理由とは、「自己満足」のためです。

どういうことか説明します。

 

私は、過去と現在において、非常に大々々嫌いな上司と先輩がいます。

その上司と先輩が近くにいるだけで、心臓が痛くなります。変な動悸もします。

そして、その上司と先輩は、ヘビースモーカーです。

タバコの匂いを嗅ぐだけで、その上司と先輩を思い出し、心臓が痛くなります。

「このままではまずい!」と思った私は、考え方を変えました。

 

タバコ銘柄を買うことにしたんです。

 

これにより、大きな変化がありました。

上司と先輩がタバコを吸ってるのを見ると、嬉しくなるんです。

なぜか?

彼らはタバコを買っています。つまり、タバコ会社にお金を払っています。

そして利益を上げたタバコ会社は、私に配当金を支払います。

つまり、上司と先輩は、タバコ会社を中継して、私に利益を提供しているんです。

それ以来、タバコの匂いを嗅いでも、嫌な思いをしなくなりました。

それどころか、タバコを吸っている人を見ると、少し嬉しくなります。

彼らの支払ったお金が、巡り巡って私に回ってくるんですから。

 

ちなみに、「日本で売っているタバコと、フィリップ・モリスやアルトリア・グループは関係ない」という指摘は、無しでお願いします。同じタバコ業界ですから。タバコ吸ったことないんで、商品とかよく分かりません。

 

何はともあれ。

私は、タバコ銘柄を買うことで、タバコの匂いによる嫌な記憶を克服しました。

ただの自己満足です。

それでも、私のメンタルにとっては大事なことなんです。

 

上司と先輩よ、これからも私に利益を提供し続けてください。

以上が、私がタバコ銘柄を買う理由です。ただの自己満足のために、これからもタバコ銘柄を保有し続けます。

 

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!