不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

株式の成績(2020年10月)

こんにちは皆さん、ヒツジです。

今回は、私の株式の成績を公開します。

私が、株式で「勝っているのか」、「負けているのか」が一目でわかります。

言い訳のできない生の成績です。

 

それでは、以下の表をご覧ください。

 

2020年10月

銘柄

保有株数

平均取得価格(ドル)

現在価格(ドル)

評価損益(%)

コカ・コーラ

(KO)

3

48.12

49.36

2.56%

マクドナルド

(MCD)

1

155.75

222.67

42.96%

ホーメル・フーズ

(HRL)

2

49.01

49.02

0.01%

ジョンソンエンドジョンソン

(JNJ)

1

125.0

146.24

16.99%

スリーエム

(MMM)

1

163.65

160.36

ー2.01%

メルク

(MRK)

1

75.64

80.8

6.82%

プロクター・アンド・ギャンブル

(P&G)

1

101.99

138.12

35.42%

ウォルマート

(WMT)

1

102.49

140.5

37.08%

IBM

1

97.47

120.57

23.69%

マイクロソフト

(MSFT)

1

138.83

206.19

48.51%

シスコシステムズ

(CSCO)

1

33.21

38.27

15.23%

AT&T

(T)

5

30.44

28.68

ー5.78%

ベライゾン・コミュニケーションズ

(VZ)

1

57.15

59.24

3.65%

エクソンモービル

(XOM)

6

42.86

32.98

ー23.06%

フィリップモリス

(PM)

1

69.51

74.46

7.12%

アルトリア・グループ

(MO)

1

35.21

38.97

10.67%

全体

 

 

 

10.12%

 

 

総投資額が19万3550円。

総評価額が21万5361円。

つまり、総リターンが2万1811円(10.12%)です。

 

リターンが10%を超えているので、いい成績だと思います。

しかも、このリターンに配当金を含めていないので、含めるともっと成績は良くなります。

 

私の戦略は、毎月、評価益が最も低い銘柄を買い足していくというものです。

たとえ暴落していても優良銘柄なので、そのうち株価が回復します。

また、割安で買い続けていくので、長期間で見たとき、リターンはプラスに回帰します。

まあ、最近はその投資方法を見直そうかなと考えたりしています。

 

こ熱銘柄で見ると、例のごとくエクソンモービルが下がりまくってます。

「お前、もっと下があったのか……」というのが正直な感想です。

エクソンモービルは、今後どうなるのでしょうか。

石油銘柄はオワコンだとか言われてます。

個人的には、石油の時代はまだまだ続くと思ってます。いくら電動が普及したって、結局エネルギーの源は石油なんですから。

でも、世界的にガソリンから電気に移ってますよね。石油の需要が落ちていることは明らかです。

でもでも、フィリップモリスやアルトリアグループだって、オワコンだと言われても高配当銘柄の地位を維持し続けています。投資家からの評価が低く、株価が安く抑えられたからこそ、配当利回りが高いという事実もあります。エクソンモービルもその路線なのかもしれません。

でもでもでも、電気自動車のテスラの人気を見ると、やっぱり石油銘柄はオワコンなのかも。しかもエクソンモービルはダウ工業株30種からも外されたし。

でもでもでもでも、だからこそ投資のチャンスなのかも。

 

う〜ん、全然わからん。

 

しかし、確かなことは2つあります。

①「バカの考え休むに似たり」

高度な銘柄分析ができない私が、必死に考えたところで、所詮は浅知恵の域を出ません。何もしないことが正解ということもあります。

 

②「卵は一つのカゴに盛るな」

エクソンモービルは、私の資産の中でも大きな割合を占めているので、別の銘柄に投資をしてもいいかもしれません。

 

とりあえず、もう少し様子を見ます。

資産は少しずつ、そして確実に、増えているのだから。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!