不労所得だけで生活したい ヒツジの投資ブログ

夢は、働かなくても生きていくこと。

【予想】将来、日本人は米国株を買えなくなる

こんにちは皆さん、ヒツジです。

 

今回は、やがて日本人は、アメリカの株式を買えなくなるという話を書きます。

 

日本は衰退しています。

そして、残念ながら、この衰退を止める方法はありません。

対策を講じてなんとかなる段階は、20年以上前に過ぎました。

これからは、ひたすら凋落を続けるだけです。

 

ということは、日本の経済力は落ちていきます。

経済力とともに、日本円の価値もなくなっていきます。

そうなると、円安ドル高になります。

今は、1ドル105円とかですが、

これが、1ドル200円になる可能性はあります。

むしろ、もっと円安になっていきます。

 

米国株を買うには、ドルが必要です。

日本円しか稼げない我々日本人は、円をドルに両替して米国株式を買います。

 

例えば、コカ・コーラは現在50ドルほどです。

日本円(1ドル=105円)だと、5250円になります。

コカ・コーラ1株を、今なら5000円で買うことができます。

ところが、円安ドル高になり、1ドル200円になると、

1株買うのに、1万円が必要になります。

購入のハードルが、一気に高くなってしまいます。

 

もちろん、経済はこんなに単純ではありません。

他にも様々な要因があるので、上記の例え話の通りになるとは限りません。

 

ただし、日本の経済力が落ちて、

円安ドル高になれば、日本人にとって、米国株式は非常に高価なものになります。

 

ひょっとしたら、日本人が米国株式を買えるのは、

今が最後の時期なのかもしれません。

 

以上、このブログを読んでいただきありがとうございました!